キャンパス案内

カリキュラム

本学校は、次の教育目標をかかげ、
歯科医業に対応する調和のとれた歯科衛生士の育成を目指しています。

  • 医療人としての使命感と専門職である自覚を持つ。
  • 高度化、多様化する歯科医療に対応する。
  • 有能なデンタルスタッフとなる。
  • 地域保健・地域福祉に参加・貢献できる。
教育内容 教科目
科学的思考の基盤 生物学
化学
人間と社会生活の理解 心理学
医療倫理
人間行動学・コミュニケーション論
健康と社会・社会福祉論
英語
歯科英語
「専門基礎分野」及び「専門分野」の基礎となる科目です。
科学的・論理的思考を育て、感性を磨き、自由で主体的な判断と行動を身につけることができる教育内容です。
また、人間を幅広く理解するために、人間関係論、カウンセリング論と技術論も修得することができます。
さらに、職務の特性を考え、人権の重要性について十分理解することができる内容です。
人体(歯・口腔を除く)の構造と機能 解剖学
組織・発生学
生理学
歯・口腔の構造と機能 口腔解剖
歯牙解剖
歯型彫刻
口腔組織学
口腔生理学
疾病の成り立ちと回復の促進 微生物学
薬理学
病理学
生化学
歯・口腔の健康と予防に関わる人間と社会の仕組み 衛生・公衆衛生学
衛生統計学
口腔衛生学
地域保健学
栄養学
衛生行政・社会福祉
人体並びに歯・口腔の構造と機能及び心身の発達を系統だてて理解し、健康・疾病について、その予防と回復過程に関する知識、観察力、判断力の技術・態度を身につけることができる教育内容です。
人々の歯・口腔の健康に関するセルフケア能力を高めるために必要な教育的役割や地域における関係諸機関等との調整能力を実につけることができる内容です。
歯科衛生士概論 歯科衛生士概論
臨床歯科医学 歯科臨床概論
う蝕治療学
歯周療法学Ⅰ
歯周療法学Ⅱ
歯科補綴学
口腔外科学
小児歯科学
歯科矯正学
高齢者・障害者歯科疾患論
歯科放射線学
エックス線写真読影法
歯科予防処置論 歯科予防処置法Ⅰ
歯科予防処置法Ⅱ
歯科予防処置法Ⅲ
歯科保健指導論 歯科保健指導Ⅰ
歯科保健指導Ⅱ
歯科保健指導Ⅲ
栄養指導
歯科診療補助論 歯科診療補助法Ⅰ
歯科診療補助法Ⅱ
歯科診療補助法Ⅲ
主要歯科材料Ⅰ
主要歯科材料Ⅱ
臨床検査・救急蘇生法
受付・事務
臨地実習(臨床実習を含む) 臨床実習Ⅰ
臨床実習Ⅱ
臨地実習Ⅰ
歯科衛生士の意義、業務の枠組みと理論を理解し、職業倫理を高める態度を身につけ、歯科医療の概要とその診療補助の基礎的倫理や基礎的技術を修得することができる教育内容です。
高齢者や要介護者、障害者等を対象とした歯科医療における診療補助の能力を身につけ、生涯を通じた継続的な口腔保健管理について十分理解に理解し、疾患やライフステージ別の予防法や予防システムの構築を学ぶとともに、業務記録の必要性の理解、記録方法の修得ができる内容です。
ライフステージごとに多様な生活環境・健康状態にある個人および集団に対して、専門的立場から歯科保健指導・教育の支援ができる知識・技術・態度を修得することができます。
また、チーム医療の一員として歯科診療補助業務の基礎的理論や基礎的技術を修得し、歯科臨床や地域保健等の実践の場面に適応し、理論と実践を結びつける能力を修得できる内容です。
基礎分野 接遇作法
基礎専門・専門分野 看護学
口腔ケアと摂食・嚥下
リハビリテーション
医療保険事務
東京都介護職員初任者研修
卒業研究
本校が独自に編成した教科です。
教育目標にあるように地域保健・地域福祉に参加・貢献できる知識・技術・態度を修得することができる内容です。
また、口腔保健管理の専門家として必要な知識・技術・態度を修得した上で、さらに医療人として、口腔機能の向上に関わる専門職として必要な看護学、リハビリテーションの知識や技術を修得できる内容です。