歯科衛生士とは?

全身の健康、口腔の健康を見つめていくお仕事です。

人が生きていくために必要なことの中で、「物を食べること」ということ、「会話をする」ということは、最も基本的なことであり、どちらかが欠けてしまっても大きな支障が生じるでしょう。

皆さんはWHOの健康の定義をご存知でしょうか?

「健康とは、病気や病弱でないというだけでなく肉体的にも、精神的にも、社会的にも良好な状態をいう」ということからも、口腔の果たす役割はとても大きいということがわかりますね。全身の健康、口腔の健康を見つめていくのが私たちの職業「歯科衛生士」です。

歯科診療補助

歯科診療を行う際、直接患者さんを治療する歯科医師の援助をし、診療環境を最適な状態に整備し、患者さんが十分に診療に満足してもらえるように補い助けます。
例えば、診療に必要な機器器具の滅菌消毒、準備や後片付け、機器の受渡し、また受付事務にいたるまで幅広く行います。

歯科予防処置

むし歯や歯周病の原因とされている口の中の汚れにはどのような物があるのか、またその原因である歯垢や歯石はなぜ口の中に溜まるのかを理解し、それらの除去をします。
そしてその予防方法について理解し、専門的な処置をします。

歯科保健指導

多様な健康状態の人に対して、現状の理解と問題点を分析し、またその患者さんがより健康で快適な生活が送れるように援助を助言等を行います。
例えば、口の中を清潔に保たせるための歯磨き指導や妊産婦さんへの食事指導、寝たきりの方への訪問指導など、生涯を通じた健康へのお手伝いをします。