資格・就職

卒業後の進路

近年において、口腔ケアの重要性が広く社会に認識されつつあり、歯科衛生士の需要も年々高まっています。そのため、歯科衛生士は、幅広い選択肢の中から、就職先を選択でき、地域社会に貢献することが可能となります。

特に当校を卒業された場合は、求人倍率が約10倍で希望する就職先を選べます。

一番多い就職先は、一般の歯科診療室です。また、歯科大学附属病院、総合病院、東京都立心身障害者口腔保健センター、地区歯科医師会口腔保健センター、保健所や区市町村保健センター、歯科関係の業豊富な実習経験者、高齢者施設で活躍している卒業生もいます。

求人件数

年 度 卒業生数 求人件数 1人あたりの求人件数
平成10年度 46人 214件 4.6件
平成11年度 54人 305件 5.6件
平成12年度 55人 390件 7.1件
平成13年度 57人 402件 7.1件
平成14年度 55人 394件 7.2件
平成15年度 56人 396件 7.1件
平成16年度 54人 359件 6.7件
平成17年度 53人 420件 7.9件
平成18年度 56人 579件 10.3件
平成19年度 58人 520件 9.0件
平成21年度 29人 313件 10.7件
平成22年度 37人 368件 9.9件
平成23年度 26人 440件 16.9件
平成24年度 26人 320件 12.3件
平成25年度 35人 420件 12.0件
平成26年度 48人 558件 11.6件
平成27年度 40人 590件 14.7件

就職活動

10月から求人を受け付けています。
11月中旬に就職活動についてのガイダンスを実施します。
各自で求人票を閲覧し、自分の希望する診療所に直接電話をして、まずは見学をしてきます。
何件か希望する診療所へ見学に行き、ここに就職をしようと決めたら、診療所に就職希望の面接を申し込みます。
面接の結果、採用通知が学校に届いたら就職決定です。
詳細(勤務開始日など)について診療所と打ち合わせをします。

※ 短大や大学での就職活動よりかなり遅い時期に活動を開始するわけですが、歯科医院から求人が多く来るのは、12月~1月にかけてです。
※ 最終的に全員就職が決定するのは、3月末日の国家試験発表直前です。

就業歯科衛生士数、就業場所

全国計116,299
保健所648
市町村2,070
病 院5,882
診療所105,248
施 設482
事業所530
学 校852
その他587