在校生の声

先輩方の声を紹介します。

41回生 土居聡子さん

私は本校の学校見学に参加するまで、歯科医療がどんなものなのかほとんど知りませんでした。うちは曾祖父から三代続く小さな歯科医院ですが、幼い頃から診療室に出入りすることはあまりなかったからです。
その頃、私は引っ込み思案な性格で自分が何をしたいのか、何ができるのかわからず、進路に悩んでいました。見学当日の先生方の丁寧なご説明と在校生の方の優しい様子、そして何よりも家庭的な暖かい雰囲気を感じたことで、この学校で一から学んでいけばもしかしたら私にも自信が持てるような予感がして入学を決めました。そして今二年生になりすごく大変なカリキュラムですが、同じ目標を持つ仲間と真摯に指導してくださる先生方に支えて頂いて、辛くても頑張れるし、勉強や実習がうまくいかない時も諦めずにもっと頑張ろう、と思えるようになりました。
皆さんも、本校で歯科衛生士を目指しませんか?

41回生 宅石彩乃さん

私が歯科衛生士を目指すきっかけになったのは、元々医療系の職業につきたいと考えており、調べている時にたどり着いたのが歯科衛生士でした。歯を治療するだけでなく、口からの病気の予防ができる事や、働く場所や、働いている人の年齢が広がってきており、結婚や出産をした後でも働きやすくなっているという点に魅力を感じ、目指す事を決めました。本校に入学して約2年が経ちました。1年生ではとにかく基礎を習得し、2年生では今まで学んだ事を実際に見学し、介助を行える臨床実習が始まりました。2年生は忙しく、大変な時も沢山ありますが、毎日少しずつ成長できているなと実感しています。これからも頑張ろうと思えるのは、良い友人や先生方に恵まれた事がとても大きいと考えています。学校に入るまでは歯についてあまり関心がありませんでしたが、今ではつい口に出して言ってしまうほど、歯への興味や関心が高まるようになりました。

42回生 山口夏希さん

私は高校生の頃進路を迷っていた時、当時の担任の先生が歯科衛生士という職業を紹介してくれて興味を持ちました。歯科衛生士という職業の、就職率100%というところや、結婚後や出産後でもすぐに復帰が可能というところ、そしてなにより、人々の健康に携わるとてもやりがいのある職業だという点に魅力を感じました。
本校に入学してからはやはり、勉強が難しく、座学も実技も大変です。定期試験も科目数が多く合格するのにとても苦労しました。けれども、先生方が親身になって優しくご指導してくださり、先輩方も沢山アドバスをして下さいました。
これからも素敵な歯科衛生士になれるように勉強を頑張りたいと思います。

42回生 井口裕紀子さん

私は歯科助手として三年間働いていました。仕事を通じ歯科医療に携わるに連れ、もっといろいろな事をできるようになりたいと考えるようになり、本校に社会人入学しました。
三年間学業から離れていたため、勉強のやり方を忘れてしまったことやそもそも理系の科目が苦手であることなど、勉強面において不安なことはたくさんありました。しかし、前期の授業では「1年生は何も知らない」という前提で先生方は授業を進めて下さるし、質問にも快く答えて下さったので、取り残されることはありませんでした。むしろ、歯科助手時代に得た経験や知識の医学的根拠や理論について学ぶことで、処置の目的が理解でき、勉強が楽しいと感じるようになりました。
実習や勉強が難しくても、心強い先生方と同じ夢を持った友人の存在に励まされながら、この学校で歯科衛生士になるという夢を叶えたいと思います。

42回生 茂木菜見

私が歯科衛生士を志したきっかけは人の役に立てる職業に就きたいという思いからでした。家族に歯科衛生士がいたこともあり、普段から話を聞いたりしているうちに歯科衛生士として社会に貢献し、予防の重要性などを伝えたいと強く思うようになりました。
入学してから約1年が経ちましたが、座学や実習など大変なこともあります。定期試験の科目数が多く合格するのに苦労したこともなんどもありますが、これからも頑張ろうと思えるのは親身になってくれる先生や同じ歯科衛生士を目指す仲間の存在があるからだと思います。
歯科衛生士は人々の健康に携わることができる、とてもやりがいのある素敵な仕事だと思っています。
これから始まる大学病院での実習、開業医での実習などを通して今以上に成長し、患者さんから信頼されるような歯科衛生士を目指して頑張っていきたいです。

42回生 武原みか

私は、小さいころから医療系の職業につきたいと考えていて、進路を考える時に周りの人に歯科衛生士のお仕事をすすめられて、興味を持ち始めました。実際に、体験入学に参加して、材料を練ったり、在校生のお話などを聞いて歯科衛生士についての知識も少し深まりもっと勉強したいと感じ入学を決めました。
学校では、1年生の時はほとんどが座学で化学や生物など本当に基礎的なことからスタートします。私のように歯科助手などで働いた経験がなくても少しずつ専門的なことを教えてもらうので歯科についてわからないことばかりでもあまり緊張することはないともいます。さらに、本校は、先生方、先輩方がとても親身でわからないことは丁寧に教えてくださるので安心して座学・実技に取り組めると思います。また、テスト前はクラスみんなで助け合いながら取り組むので、クラスの団結力はとても強いものになります。

43回生 古賀あかり

私が歯科衛生士になろうと決めたきっかけは、進路がなかなか決められず迷っていた高3の秋でした。看護師をしている母からなんとなく勧められ興味を持ちました。どんな仕事をするのかよくわからず入学し、基礎科目の多さと定期試験の大変さに最初はこれでいいのだろうかと不安になる日もありましたが、勉強していくうちに歯科医療についてどんどん興味がわいてきました。今までは、卒業したらどんなところに勤めたいか、どんな分野に進みたいかなど卒業後の自分を思い浮かべられるほど歯科の世界に夢中です。
座学や実技がとても難しく、大変なこともたくさんありますが、周りの友人たちや先生方に支えられて今日まで頑張ってくることができました。
これからも日々少しずつ努力を重ね立派な歯科衛生士になろうと思います。

43回生 若佐麻衣

私は社会人を経験した1年生です。色々な職業を経てきましたが、知人の紹介で歯科衛生士を目指し頑張っています。歯科衛生士というと治療ばかりに目がいきがちですが、患者の応対など様々な事が要求されます。なぜなら歯科衛生士は患者さんに対して、単に治療するだけでなく、一生快適なお口でいてもらうために歯のメインテナンスをしていくという事が大事だからです。その時に、この歯科医院に来てよかった、また来ようという気持ちになれる様な歯科医院が求められています。そんな時今までの社会での経験が活きてくると思っています。歯科衛生士という新たな職業で活かしていく事が楽しみです。入学するまでは、年齢の事や勉強についていけるかなど不安でしたが、周りの人に支えられ充実した1年でした。人生に無駄なことは一つもありません。様々は経験や苦労は必ず報われます。後2年の学生生活ですが、即戦力になる歯科衛生士を目指し努力していきたいです。