歯科医師の方のページ ID・PASSをお忘れになった方

治療方法
治療方法について
ライン
治療方法はむし歯の進行段階によって分類できます。 むし歯の部分を削り取ったり、削った窩洞(穴)を整えたりする所まではほとんどの治療でも行うことですが、その後は症状によって、小さなむし歯(C1)なら修復材を詰める、もっと深いむし歯(C2~C3)であれば、金属の詰め物や、冠をかぶせるようになります。 さらにむし歯が進行してしまった場合(C4)は、抜歯などの治療を行います。もちろん歯を抜けたままにはせずに抜けた歯を補う治療である、義歯(入れ歯)・インプラントを行います。 その内容を1つずつ簡単に説明していくと・・・

(1)詰める治療
代表的な治療方法として次のような治療方法があります。

①コンポジットレジン修復
コンポジットレジンは複合レジンと呼ばれペースト状であるので小さな窩洞にも詰めやすく、成形性にもすぐれています。色の種類も豊富であり個人の歯牙に近い色で修復する事ができ、見た目にもわかりません。
コンポジットレジン修復
処置前              処置後


②インレー修復
噛む面の比較的小さなむし歯の時に使用されます。コンポジットレジン修復との違いは、お口の型を取り(印象採得)、模型の上で詰め物を作製します。そして出来上がった物を歯科用セメントで歯牙に合着させます。
インレー修復

③アマルガム修復
水銀を含む合金をアマルガムといいます。無機水銀を使用していますので人体には特に問題はありません。 機械的強さがあり様々な窩洞(穴)に適応できますが、審美性のことを考えると前歯にはあまり使用されません。
アマルガム修復


(2)かぶせる治療
歯冠に大きな欠損があるとき適用するのがクラウン・ブリッジです。 それは削った歯牙を金属やレジンなどでかぶせ、もとの歯の形に復元するものです。 これも前歯部や臼歯部など審美面などもふまえて、材料や作製方法を選択します。

①クラウン
前歯には歯の色に近い材料を使う事が多く、臼歯部には金属を使用します。
その材料も様々あり、保険内の物から保険外のものもありますので、担当の歯科医師とよく相談しましょう。
クラウン

②ブリッジ
失ってしまった歯の両側を支えにして橋を渡すような形で作製します。支えとなる歯牙を削り金属の冠をかぶせます。ブリッジのダミーの部分は汚れがたまりやすいのでしっかり磨くようにしましょう。
ブリッジ

③義歯(入れ歯)
抜歯した部分を、ブリッジや義歯(入れ歯)で補います。残された歯牙の状態によって、ブリッジなどで補えないときには、歯牙を部分的に補う局部床義歯、全部の歯牙の欠損を補う全部床義歯があります。
義歯(入れ歯)
局部床義歯           全部床義歯


(3)インプラント
インプラントとは人工歯根とも呼ばれるもので、歯根にかわって、補綴装置を固定することができ、安定した咀嚼機能を回復することが可能です。 最近、主流になってきている治療ではありますが、人工の歯根を顎の骨に埋め込む手術が必要であり、また、保険の利かない自費扱いになります。
インプラント