歯科医師の方のページ ID・PASSをお忘れになった方

お口の中の病気
むし歯について
ライン
むし歯についてお話しする前に、歯とその周囲の組織のしくみを説明します。 人間の体の中で一番硬い物は歯です。その一番硬い歯が壊れていく病気のことをむし歯といいます。 人間の口の中には、ストレプトコッカスミュータンスという細菌がいます。その細菌は、食事や間食として摂った砂糖を餌にして、仲間を増やしベトベトしたすみかを作っていきます。これがプラークです。そのプラークの中でストレプトコッカスミュータンスは酸を出して歯の表面を溶かしていきます。これがむし歯です。 ですから、むし歯の原因は細菌の塊であるプラーク(歯垢)ということになります。
どんな場所がむし歯になりやすいかというと、歯と歯の境目(歯頚部)・歯と歯の間(歯間部)・噛み合わせ(咬合面)です。これらは、とても狭く歯ブラシが届きにくくプラークをとりきることができずにむし歯になってしまいます。 むし歯は、最初は歯の表面だけが溶かされていきますが、徐々に歯の中まで進んでいきます。その進行段階は次の表の通りです。

C1
C1
歯の表面(エナメル質)のむし歯
初期のむし歯であって、エナメル質、あるいはわずかに象牙質の一部まで侵されているもの。自覚症状はありませんのでほとんどの場合、気がつきません。この時点で見つけることができたら、簡単な治療で終わることができます。
また、徹底的にその原因であるプラークを除去できるブラッシングを行ったり、歯を強くするフッ素という薬を歯に塗ったりして進行を遅らせることができる場合があります。
C3
C3
歯髄まで侵されてくる(歯髄炎)
むし歯が進行して歯髄まで進行したもの。歯には大きな穴があいた状態になり、痛みもひどくなってきます。この痛みは冷たいものだけでなく熱い物に対してもしみたりして深刻な事態となっていきます。その痛みはズキンズキンという拍動性の痛みになってしまいます。この状態を歯髄炎といいます。こうなると歯の根の中の神経(歯髄)を除去しなくてはならなくなります。
C2
C2
歯の内面(ぞうげ質)のむし歯
むし歯が象牙質の大部分にまで進行したもの。象牙質は中に細い管が通っておりその先が歯髄まで達しています。そのため冷たいものや甘いものがしみたりします。また、むし歯でできた歯の穴に食べ物が詰まったりすることもあります。
C4
C4
歯の根元だけが残る(残根)
歯の根の先に膿(うみ)がたまる(膿瘍

歯冠部が著しく崩壊した状態で、歯の根だけが残っている状態。この状態になると神経も死んでしまい痛みもなくなり歯を抜かなければならないことが多い。
人間の歯は、生後6ヶ月ぐらいに下の前歯の乳歯が萌えてきます。その後1歳の誕生日には上下4本ずつ萌えてきます。
その後2歳6ヶ月から3歳までに全ての乳歯が萌えそろいます。その間に乳歯が既にむし歯になってしまうことがあります。
また、高齢者は一般に歯周病などで歯肉が下がった状態(退縮)になっているので、歯の根が(歯根)が露出しているため歯根面のむし歯が非常に多いです。それから歯と歯の間(隣接面)、噛み合わせ(咬合面)、入れ歯の留め金(義歯のクラスプ)のかかった歯がむし歯になりやすいです。
また、以前に治療をしてある歯がむし歯になってしまうことも非常に多いです。
むし歯有病者率の年次推移


歯肉の病気について
ライン
歯肉の病気のことを歯周病といいます。まずどのような病気かを説明します。 歯周病とは、歯についたプラーク(特に歯と歯の境目)を除去せずに放置したため、プラーク中の細菌が毒素を出して歯肉を腫らしたり、歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かしてしまう病気です。 歯周病の原因もむし歯と同様にプラークです。この歯周病は、一般に年輩の人がかかる病気と思われていますが、最近では、小学生でも歯周病にかかることが多くなってきています。 若いころからのプラークコントロールをしっかり行っていない場合に、成人となって多くの人が重度の歯周病となってしまいます。 歯周病はその進行状態によって次のように分類されます。

(1)歯肉炎
歯肉炎は、歯周病の初期の段階をいいます。口の中に見えている歯肉のみに炎症がみられ、歯と歯の間の歯肉(歯間乳頭)が腫れ、赤っぽくなった状態をいいます。 これは、原因であるプラーク中の細菌が毒素を出して歯肉を攻撃して起こるものです。この状態では痛みを感じることはなく、歯肉炎であることを気づくことがない場合が多いです。
歯肉炎

(2)歯周炎
歯周炎とは、歯肉炎が進行して、歯肉のみに病変があったものが歯を支えている歯槽骨や歯根膜などをその原因であるプラーク中の細菌が毒素を出し溶かしていった状態のことをいいます。 この段階でも、まだ痛みを感じないことが多く自覚症状がないこともあります。 しかし、その歯を支えることができなくなってしまい、最終的には手遅れとなり歯を抜かなくてはならなくなってしまいます。
歯周炎



粘膜の病気について
ライン
お口の中の病気には、今まで説明をしたむし歯や歯周病以外に、唇や舌などにできる病気があります。

(1)口内炎
直径4~5ミリの丸い潰瘍で、触るととても痛いです。しょっぱいものや酸っぱいものがしみたりします。普通は一週間くらいで治ってきますが、同じところへ繰り返しできたりするので注意が必要です。また、体調と関係があるようで、寝不足、二日酔い、遊び疲れ、不規則な食事、ストレス等も原因となってきます。 改善策としては、よく寝て、身体の疲れをとることが大切です。治療としては、ステロイド剤の入った軟膏や貼付在を使用すると症状が軽減し、治りも早くなります。
口内炎

(2)ヘルペス
ヘルペスとは、皮膚に水泡ができる病気のことで“疱疹”(ほうしん)と呼ばれています。この疱疹はヘルペスウィルスが引き起こす感染症です。よく耳にする呼び方で、風邪をひいたときにできる「熱の花」も実はヘルペスのことです。よくできるところでは口腔粘膜、口唇、外陰部、指などですが、全身どこにでもできる可能性はあります。

【単純ヘルペスウィルス(HSV)1型】
症状:
はじめは口の周りなどがむずむずと痒くなってきたり痛くなってきたりしたのち、赤くなり、数時間のうちにそのあたりに小さな水ぶくれがたくさん出てきてくっついたりしながら大きな水疱となります。その後だいたい1週間~2週間位の間にかさぶたになり、かさぶたが取れて治ります。
※かさぶたは無理に取らないで下さい。痕が残ったりえぐれたようになることがあります。単純ヘルペスは痕を残さないのが特徴ですが、体の抵抗力が低下している人ではえぐれた痕が残ることがあります。また、まれに患部近くのリンパ節が腫れることもあります。

感染(発症): ヘルペスウィルスはできはじめの早い対処が効果的で、早く治ります。 もし、できてしまったら、薬局などで適当に薬を選んだりしないで近くの皮膚科にいって診察してもらいましょう。 特に身体が弱っているときにできやすいので、風邪をひいたり、ストレスがたまっていたり、強い紫外線に当たったり、胃腸の弱っている時など、体の免疫力が落ちたときが要注意です。
ヘルペスウィルスは感染力が非常に強く、直接的な接触以外にもウィルスのついたタオルや食器などを介して感染することがあります。水疱の中の水のようなものにはウィルスがたくさん存在しますので、破らないように注意しましょう。ヘルペスの発症中にお母さんが子供にキスをしたりすると感染することがあります。唾液にウィルスがいる場合もあります。このように感染力が強い為に、タオルや食器などにウィルスがついたと思う場合は、洗濯の前に一度煮沸すれば大丈夫です。そのあとは日光に十分当てて乾燥させてください。食器の場合は洗剤できれいに洗いましょう。また、自分にも感染します。薬を塗った指などはすぐに洗いましょう。

(3)カンジダ
幼児や高齢者で体力が低下した時や、抗生物質(抗菌剤)や副腎皮質ステロイドホルモン剤の長期に渡って使用した場合、口の中にいつも存在しているカンジダ・アルビカンスという真菌が異常に増殖してきた時に起こります。 (真菌:食品に生えるカビやビールの製造に利用される酵母などと同じ仲間です) 健康な人でも身体の抵抗力が低下した時などにも感染します。また、合わない義歯を入れていることによっての機械的刺激も感染の原因の一つになります。口の中の粘膜、舌などに白色、または乳白色の偽膜(オブラート状の薄い膜)ができます。この膜は、ガーゼなどでこすると簡単におちますが、日数が経過するとおちにくくなり、無理にはがすと赤くなった粘膜が現れたり、潰瘍などになってしまう恐れもあります。治療方法としては、口の中を清掃することや抗真菌剤を服用することです。